RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

りゃん’ず子供たちの 創作活動

“デザイナー・りゃん”の子供たちは、とにかく描くわ・切るわ・貼るわ…をし続けております。
その、日々の創作活動を追ったドキュメント。
<< 思い出が残るスケッチブック | main | 葉加瀬太郎 大ポスターの謎 >>
『魔法のカクテル』


今チビずが寝るときに読み聞かせてる本読書

『魔法のカクテル』ミヒャエル・エンデ著

ミヒャエル・エンデは、有名なところでは
映画『ネバーエンディングストーリー』『モモ』の原作者ペン

この本ーふんふん、
ミヒャエル・エンデらしい内容・文だなあ〜

映画『ネバーエンディングストーリー』『モモ』は、
原作からとっても面白いところをかいつまんで仕上げた感じだけど、
原作は“ファンタジック”な部分だけでなく哲学的(?)で
こむずかしい部分が多く、本も分厚いし途中ちょっとしんどかったりする汗
ちなみに『ネバー〜』の原作は邦タイトル『はてしない物語』ですねひらめき
読みきるとなるほどね〜と思うんだけどねイヒヒ



この『魔法のカクテル』も、表紙のネコとカラスの
かわいさとはちょっとかけはなれてる。
子供にとってはかなり難しい本になってしまったたらーっ

去年末に読み始めてー
大晦日の夜の話なので、2009年になる前に
読みきりたかったのに2月に突入してるし…
でももうすぐクライマックス!



この写真のように本の表紙とカバーの表紙で色味が違うので上子供が、
「どうしてこんなに色が違うの?」
とフシギに思ったらしいおや?

そう!そうなのよ〜
素材によって、色の出方がこんなに変わるのよ〜
全部おんなじ色に出てくれたら苦労はないんだけどね〜
しかも、そこへプリントする機材がそれぞれ違うと
そこでまた色の違いが出るし〜


と、かあちゃんが日頃の苦労と重ね合わせてぶつぶつ言い出したので
子供はキョトンとしてましたがなたらーっ

↓ポチッとクリック、お願いします↓


---------------------------------------------------------------------
子供の絵でつくるオリジナル腕時計
↑お子さんの絵を使ってこんな腕時計がつくれます!

世界にひとつだけのオリジナル・グッズづくり
「KID’Sグッズ工房」 代表者/デザイナー:りゃん・りすん
| - | 12:28 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |









http://blog.r2-f.com/trackback/851463
魔法のカクテル
魔法のカクテル
| 忍者大好きいななさむ書房 | 2009/08/04 6:30 PM |