RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

りゃん’ず子供たちの 創作活動

“デザイナー・りゃん”の子供たちは、とにかく描くわ・切るわ・貼るわ…をし続けております。
その、日々の創作活動を追ったドキュメント。
<< 女子の集まり | main | 安全運転でね >>
『大阪日日新聞』さんから取材を受けました
じ・つ・はー

「KID'Sグッズ工房」初の取材依頼をいただいてしまいました〜

先週『大阪日日新聞』さんから取材を受けましたグッド

初めての取材でとても緊張…ということはマッタクなくてれちゃう
私、あんまり緊張するということがないんよね汗

ただ、いつも起業家仲間と夢を語り、
色んな勉強会で自己紹介なんぞをすることが多いので

『想いを語ることはしょっちゅうあるから大丈夫』
という考えは甘かったっすモゴモゴ
こちらだけが一方的に語るのって、結構難しい汗




強く伝えたかったことに、

「KID'Sグッズ工房」は子供の描く世界のすばらしさを
家族みんなで味わえるきっかけになればと願って始めたこと


ということが1つ。

それから「こうします!」「ああします!」という物理的なことよりも、
頭の中に常にあることを支離滅裂に言ってしまったなあたらーっ


私が起業後会った人たちの中に、世界中の子供たちのために
何かをしたいと行動する人も多くいます。

世界中にいるたくさんの子供たちが、それぞれの国の状況下で生き、
明日自分の子供が生きていられるのかどうかも
わからないーそんな状況で住んでる人たちがいる。
そんな状況下にいる子供たちのために、
“自分は何ができるのか”と昔から強く思ってた。
誰だってそんな現実をみると“このままではいけない”とその時は
思うはずだけれども実際に行動を起こすことはなかなか難しい…

何か少しでも、1つでもそんな子供たちのために行動したいと思う。
最初は小さな1歩でも、「KID'Sグッズ工房」が
そうだったように、続けることで色んな人たちと
力を合わせて何かにつながるかもしれない。
だからこそ着実に1歩1歩進んでいきたいのです。


…と、こんな想いをとりとめもなく話してしまって、
記者さんも困ったかもしれません。
もしかしてカ〜ットされてるかも?


予定では6月3日(水)の大阪日日新聞さんに載るそうですニコニコ


←ワンクリックお願いします
---------------------------------------------------------------------
子供の絵でつくるオリジナルグッズ
↑お子さんの絵を使ってこんな時計がつくれます!

世界にひとつだけのオリジナル・グッズづくり
「KID’Sグッズ工房」 代表者/デザイナー:りゃん・りすん
| KID'Sグッズ工房 | 00:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.r2-f.com/trackback/893442